これに多く当てはまるなら貧乏体質!その貧乏体質からの脱出方法とは

雑記

どーも!フリフリです。

自分はどうして貧乏なのかなって、思った事無いですか?

以前の私も貧乏から抜け出せずにいました。

それは私が「貧乏体質」だったんです!

気づけてから、貯まらなかったお金が貯まるようになり、少なかった収入が上がりました。

気づきって本当に大切です。

それだけで人生の方向が変わるからです。

そんな気づきで分かった事

それは

貧乏は病気と同じだからです!

だから今は貧乏体質だったとしても、治る事が可能です。

それでは、貧乏体質の特徴を見ていきましょう!

貧乏体質の特徴・脱出方法

マイナス思考

マイナス思考(悪い方向に物事を考えてしまう)の人は、ずばり貧乏体質です。

その逆に裕福な人はプラス思考が多いです。

とてもいい話があったとしても、マイナスに考えてしまう事と悪い話にしか考えれないわけです。

例えば、給料が増える事になったら

  • プラス思考は、喜ぶ・やる気が出る・夢が増える等
  • マイナス思考は、仕事が増える・責任が増える・休めない等

考えが変わってきます。

もしマイナス思考だと思ったら、プラス思考になるようしないと貧乏体質からは、脱出出来ないです。

まずマイナス思考を、逆のプラス思考へ変換するようにするだけで、貧乏体質から脱出出来ます!

否定的な考え

相手との会話の返事に、でも・しかしを頭に付けて返事してませんか?

もし否定的な言葉を使ってるのなら、否定的な考え方になってます。

でも〇〇は無理、でも忙しいからって否定している限り、貧乏体質です。

まず受け入れてみて、考えて出来る事を考えていく・行動する事で、貧乏体質から抜け出せます。

自己評価が低い

どうせ自分は…って考えてしまう人は、目標を諦めてしまっている事と同じなので、今貧乏だったとしても抜け出そうとしません。

まず自分を評価する事です。

必ず長所はありますので、それを自分で探してみる事です。

そして自分を褒めてください

自分の出来る事や得意な事を、伸ばしていく事で貧乏体質から変われます。

人を羨む・人に嫉妬する

お金持ちを嫌う人って、羨ましい感情と嫉妬の感情がほとんどです。

それは自分を基準にしてしまってるからです。

貧乏を基準にすれば貧乏体質のままです。

羨んでも貧乏からは抜け出せません。

大切なのは、自分とどう違うのか、どうすれば自分もなれるかって考えて行動する事です。

まずは人の成功を褒め、憧れる事が、貧乏から抜け出す方法です。

安さを重視

買い物の時に、なんでも安いモノを求めてませんか?

スーパーでも特価品しか買わないとか。

それを節約だと思ってしまってるかもしれませんが、安いには安い理由がある事を分かっておいてください。

そして100均が大好きな人も、貧乏体質です。

高いモノには、それだけの信頼性があります。

大切なところに安さを求めない事で貧乏体質から変われます。

計画性がない

仕事やお金だけじゃなく、生活にも計画性って必要です。

ただ貧乏体質の人の大半は、計画性がないです。

  • お金の計画的に使う。
  • 仕事を計画的に行う。
  • 生活も計画性をもつ。

これが適当なままです。

面倒くさいと思う人も要注意。

ちゃんと何事にも計画性をもつ事をすれば、貧乏体質は改善していきます。

時間を無駄にする

時は金なり!

その言葉通り、無駄に時間を使う人は貧乏体質です。

タスク管理が出来ない人も同じですよ。

時間を無駄なく有効的に使う事は、お金を増やす事が可能です。

例えば、2時間の仕事を1時間で終わらせれば、残りの1時間は別の仕事が出来ます。

雇われていても、時間を無駄なく使う事が出来れば、収入アップに繋がります。

まずは、スケジュール管理を行う事で、貧乏体質を変える事に繋がります。

大金を稼ぐ事に罪悪感を抱く

大金を稼ぐ事に罪悪感を抱く人は、完璧な貧乏体質です。

自ら大金を稼ぐ事が、悪い事だと思ってしまっているために、貧乏から逃れる事は出来ません。

逆に大金を稼ぐ事が良い事と考えてる人が、お金持ちです。

お金を稼ぐ事は悪くないです。

ただお金を稼ぐ事に悪いイメージを付けられてるので、変な誤解をしてます。

まずお金を稼ぐ事は良い事だと、考えを変える事で貧乏体質から変わっていけます。

最後に

今回は、貧乏体質について書いてみました。

貧乏のままって思ってる人の、参考になれば幸いです。

当てはまってたら、意識と行動だけで変えられるので、やってみてください。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました