コーヒー好きに朗報!コーヒーを飲むと身体にもたらす6つの効果!

健康

どーも!フリフリです。

毎日コーヒーを飲んでます!

コーヒーも飲み始めて~もうかなり昔です。

当時はスタバもなければ、ドトールもタリーズもなかったんです。

引き立てのコーヒーは、専門店でしか飲めませんでした。

今はコンビニでも引き立てのコーヒーが手軽に飲める時代。

今は、本当にコーヒー好きには良い時代になりました!

そんなコーヒーには、身体にとてもいい効果をもたらす事が分かってます。

今回はコーヒーの効果を書いていきます。

美容効果

コーヒーには美容の効果があります。

それは、コーヒーにポリフェノールが含まれてます。

ポリフェノールは、チョコレートやブドウにも入ってます。

コーヒーのポリフェノールは、赤ワインと同程度の濃度です。

このポリフェノールは、肌の美しく保ちつために必要な栄養素になります。

コーヒーを飲む人は、コーヒーを飲まない人に比べシミになりにくいです。

ダイエット効果

コーヒーの中に含まれている【カフェイン】にはダイエット効果があります。

コーヒーを飲む事で、カフェインが脂肪を分解する【消化酵素】を活性化します。

そしてポリフェノールに含まれてる【クロロゲン酸】の効果には

  • 糖分の吸収を遅くする
  • 食後の急激な血糖値の上昇を抑える作用
  • 副交感神経を刺激、血圧を下げる作用
  • 体内の脂肪酸の分解促進などの作用

等あり、カフェインと一緒になる事で、太りにくい身体にしてくれます。

ですがダイエットに効くという事で、大量に飲む事はオススメしません。

脳の活性化

ダイエットにも効果のある【クロロゲン酸】には、注意力の低下を回復させる効果も期待されてます。

コーヒーを飲んでいる人のほうが、認知機能が働いてる事が分かってます。

コーヒーを認知症の予防のために飲むのも良いんじゃないでしょうか。

リラックス効果

コーヒーのいい香りには、リラックス効果があるといわれます。

休憩や一息つく時にコーヒーは一般的ですよね。

私もコーヒーを飲む時はリラックス出来ます。

昔からコーヒーを飲む場所といえば、喫茶店ですね。

喫茶店はゆっくりとリラックスした時間を過ごせる空間ですよね。

そこでコーヒーを飲む事は、ダブルでリラックス出来るという事になります。

胃の働きを助ける

コーヒーに入ってるカフェインは、胃に適度な【刺激】を与えて、胃酸の分泌をうながし、消化を助ける働きがあります。

ただし、胃腸が弱くなってる状態にはコーヒーは控えたほうが良いです。

空腹時に胃酸が出てしまうのを防ぐためです。

かえって胃が荒れる原因になりますので、回復してから飲むようにしましょう。

がん予防

コーヒーに入っているカフェインには、がんの予防に効果があるとされてます。

【カフェイン】には抗炎症作用があることにより、脳や内臓を炎症から守る働きがあります。

それが、アルツハイマー、がん等の予防につながるようです。

まとめ

今回はコーヒー効果を書いてみました。

コーヒーにはこれだけの効果がありますが、暴飲はよくないです。

適量で飲むとコーヒーも美味しく頂けますね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康 雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました