自殺を少しでもなくしたい!死にたいと考えを思いとどまらせる方法

スポンサーリンク

どうも、フリフリです。

先日また悲しい事に、有名俳優の三浦春馬さんが自ら命を絶ってしまいました。

本当に悲しい事ですし、自分は憤りを感じます。

最後まで生きようとしても亡くなっていく命があるのに、自らその尊い命を捨てるのは正直許せない事です。

どんなに苦しくても、どんなに辛くてもです。

私も「死にたい」って考えた事はあります。

でもそれを思いとどめてくれてるからこそ、生きてます。

産んでくれたお母さんにどう説明するんですか。

死にたいと思うと母親の悲しむ姿が浮かんできて、私はやっぱり生きたいって思います!

本人にしか分からないと言われれば、そうかもしれません。

それでも自殺を思い留める事が出来る方法を書いてみます。

悩み事を相談出来る人を作ろう

自分だけで考えてしまい、八方塞がりになる事もあります。

そんな時は誰かに相談しましょう。

家族、恋人、友人、恩師、同僚、上司

生きていれば悩む事だってあります。

最初は小さくでも段々と大きくなっていき、自分でもどうしようもないところまで行く場合もあります。

そうならないためにも、小さい悩みのうちに誰かに相談してください。

聞いてもらうだけでも、気持ちが楽になります。

恥ずかしがらなくて良いです。

私も自分の中で解決しようと悩んでた時に、やっぱり自分じゃどうしようもなくなったんです。

その時に相談出来る人が居たので、どうにか生きてるんです。

「何でも悩み事を話せる人を作る」

これはとても大切になります。

真面目になりすぎない

真面目が悪い事じゃないですが、真面目が仇となって精神的病になる事があります。

三浦春馬さんもとても真面目だったそうです。

そして真面目な人、責任感が強い人のほうが鬱になりやすいです。

その真面目さと責任感は時として、人にとってよくないです。

100%真面目じゃなくて70~80ぐらいに抑える事で、猶予が出来ますよね。

その猶予が心の余裕になります。

例えば、バケツ目一杯に水を入れた状態で、少し揺らすだけでも水が溢れますよね。
水をバケツの三分の二にすれば、少し揺らしても水は溢れませんね。

そういう余裕が人にも必要なんです。

真剣に、真面目にってが悪いわけじゃないですよ。

あくまで余裕、遊びも必要って事です。

親と定期的に連絡する

親はいつまで経っても親なんです。

子供が三十路を過ぎようが、親はやっぱり子供が可愛いですし、心配です。

そして親だからこそ、気づいてくれる事もあります。

もしあなたが自殺を考えた場合、真っ先に浮かぶ人は誰ですか。

殆どの人が親を思い出すんじゃないですか。

親子ってそれだけ繋がってるんです。

定期的に親と話して下さい。

それだけでも自殺を考え直す事が出来ると信じてます。

最後に

命は本当に尊いです。

どんな理由であっても、自殺をいう手段を使うのは考え直してほしい。

今のように見えないウィルスで命を落とす人も居ます。

急ぐことは無いです。人はいずれ死にます。

戦争体験者も少なくなって来ましたが、「生きてさえいれば、何度でもやり直せる!」って言われた事もあります。

少しでも辛い時に考え直せる参考になれば嬉しいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました