三軒茶屋でちゃんぽん食べるなら老舗の「長崎」がまずオススメ!その理由は

グルメ
スポンサーリンク

どうも!

ちゃんぽんって長崎だけじゃなくて、福岡でも佐賀でもよく食べられる麺類。

ちなみにちゃんぽん大好き。

野菜が多めに食べたいなって時は、ちゃんぽんが一番!

今回は三軒茶屋にある老舗のちゃんぽん屋さん「長崎」について書きます。

とんねるずの番組にも紹介された!長崎

長崎は、三軒茶屋の三角地帯近くに昔からあるちゃんぽんをメインにしたお店。

お店の見た目はかなり歴史を感じさせる佇まいになっている。

丁度道の角に長崎はお店を構えてる。

のれんに「長崎ちゃんぽん」と書いてて分かりやすい。

店は両道沿いに入り口があり、どちらからでも入る事が可能。

店内はカウンターのみ9席、隣席との幅もギリギリだろう。ビッグな人が隣だと当たってしまう可能性があるぐらい狭い。

昔から人気のあるお店なので、飯時は満員で外にまで並ぶほど。

そして良い意味で汚い。

この汚いってのは衛生的とかではなく、とんねるずの番組のコーナー「きたなシュラン」で紹介された事もあるから。

自分にはいい雰囲気のお店で店にはいつも親父さんが必ず居る。

この親父さんが優しい人。

そんな三軒茶屋で昔からやってるお店は少ないかもしれない。

はじめて食べるんだったら「ちゃんぽん」か「皿うどん」

お店の売りが「ちゃんぽん」なので、何を頼んだらいいか分からない時は、ちゃんぽんを頼めば間違いはない。

福岡出身の自分が、ここ「長崎」のちゃんぽんの味を表現するなら。

毎日食べれるぐらいの「やさしい味」のちゃんぽん

福岡のちゃんぽんは豚骨スープがベースなので、もう少し味が濃い。

ここ長崎のちゃんぽんは、鶏ガラなのか最初食べた時「薄い?」って思うほどだったが、これはあくまで個人見解。

常連さん等はカウンターに置いてある「紅ショウガ」をちゃんぽんにトッピングする。

これがあっさり味を引き締めてくれて美味しくなる!

地元のちゃんぽんとはまた違った美味しさ。

野菜がたっぷり入ってるので、普通盛りでもボリューム満点。

好みで胡椒、ラー油を垂らすのも美味しくなる。

やさしい味のスープなので、ついつい飲み干してしまう。

寒い時期はふぅーふぅーしながら食べるのが一番。

皿うどんも人気メニュー。

麺もカリカリに揚げた麺と、太麺が選べる。

好みとしては太麺が好きだが、カリカリがアンと馴染んで柔らかくなっていくのが好きだ。

自分は昔からソースを掛けるのが定番で、これが美味い。

「ハーフ煮込み」と「ハーフしゅうまい」は食べたほうがいい!

サイドメニューも豊富だが、ここでオススメはハーフ煮込みハーフしゅうまい

煮込みは毎日煮込んでるだけあって味がしみて美味い。

煮込み定食(ご飯、煮込み、スープ)もある。

たまにこの定食だけを食べに行くこともしばしば。

ハーフしゅうまいは4つのしゅうまいに漬物が付いてくる。

普通のしゅうまいより大きいのでハーフで充分すぎ。

値段も安いので頼みやすい。

ただ熱々なので火傷に注意が必要。

しかし美味い!ちゃんぽんを頼む時は必ず頼んでしまう。

最後に

今回は三軒茶屋のちゃんぽん屋さん「長崎」を自分なりに書いてみました。

もし三軒茶屋による事がある時は、「長崎」に行ってみてはどうでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました