簡単節約術!一人暮らしから家族暮らしでも出来る方法と工夫!

ライフ

人って生きていくためには、どうしてもお金が必要になってきますよね。

現代で自給自足で衣食住を全て行ってる人は居ないんじゃないですか?

すべてお金を払って得ていますよね?

単純に生活はお金が掛かります!

病気になれば治療費というお金が掛かりますし、移動するにも交通機関を使えばお金が掛かります。

綺麗事抜きで生きる事は、お金が必要です。

そんな必要なお金が貯まらない!って悩んでる人。

少しでもお金を増やしたい!と考えてる人。

そんな人のために、誰でも出来る簡単節約術を紹介します。

毎月の基本生活の予算を決める

まずは毎月の収入で予算を決めましょう!

殆どの人が、雇用されてお仕事をしてますので、予算を立てる事が節約に繋がります。

例えば、一人暮らしで月20万の収入でしたら

  • 家賃(50,000円)
  • 食費(30,000円)
  • 光熱費(10,000円)
  • スマホ等の通信費(15,000円)
  • 娯楽費(20,000円)
  • 生活消耗品(5000円)

合計で130,000円の予算になります。

こうやってちゃんと予算を組んで、お金を何に使うかを明確にすれば節約になります。

予算を立てずに家計簿を付けてる人も居ますが、ちゃんと予算を立てたほうが良いです。

もしくは、最初に給料の1割~2割を絶対に使わないように、別の口座に入れておく方法があります。

最初に使えるお金を減らす事で、毎月それだけ節約になってお金が貯まります。
これは私も実践して、お金を貯める事が出来てるのでオススメです。

出来るだけ家計簿を付ける

ただ家計簿を付けるだけで、節約には成りません。

家計簿を付けて余計な出費の見直す事が大切

たまには散財でストレスを発散する事もあると思いますし、ご自身で稼いだお金なので好きに使う事は構いません。

ただ貯金が出来ない人の特徴として、お金を何に使ったかを覚えてない事が多いです。

ちゃんと家計簿に付け、何にお金を使ってるのかを自分で理解する事で、使わなくていいところへの出費を抑える事が出来ます。

そうすれば家計簿節約する事が出来るようになります。

食費を抑える

決めた金額で買い物をする

食費を抑えるためのコツは「買い物」の方法が決め手です。

例えば、特売品だけを買いに色んなスーパーを回る人が居ますが、この買物の仕方はオススメしません。

その移動してる時間と体力の無駄だからです。

良い買い物の方法は、財布に決めた金額だけ入れて行くだけです。

スーパーには色々な食材が並んでいますし、購買意欲を掻き立てられるようになってます。なのでついつい買ってしまったって人が多いです。

そのためには1回の買い物の金額を決めて、それ以上は財布に入れない事です。

今はクレジットカードキャッシュレスサービスを、利用する人も多いと思いますが、必ず1回の買い物の金額を決めてください。

それだけで節約出来ます。

食材で節約

食材で節約したい人は

価格変動の少ないキノコ類、もやしの購入をオススメします。

野菜の高騰の場合は、カット野菜のほうがお得です。

エコバックを使う

最後はエコバックを使うことです。

何故なら、意識的にエコバックに入る量だけを買うようになるからです。

あまり考えてなかった事が、大切だったりしますよ。

自炊する

自炊ですが、節約する方法は拘らない事です。

拘ると逆に高く掛かります。

例えば拘ったカレーなどは、スパイスを沢山準備する必要がありますので、お金が掛かってしまいます。

ご飯も一度の多い量を炊いて、小分けで冷凍保存するだけで、時間も節約出来ます。

とにかく節約出来る食材を紹介します。

節約でオススメ自炊食材
  • もやし
  • たまご
  • きのこ類
  • 豆腐
  • 鶏むね肉
  • 豚こま
  • サバ缶
  • 納豆

こういった食材は、あまり値段も高くないので利用する事をオススメします。

時間を掛けずに簡単に出来る料理が、節約出来ます。

二次利用が出来る料理を作る

余った料理を別の料理にする事で、節約になります。

例えば、肉じゃが→カレー→カレーうどんみたいに出来る料理です。

そうする事で、同じ料理を使うので節約にもなり残さず食べる事が出来るので節約になりますよ。

保存出来る料理を作る

日持ちする料理を作ると、料理時間を節約出来ます。

オススメは

  • ナムル
  • きんぴら
  • 佃煮
  • 煮物
  • 漬物

等です。

やっぱり日本は、もともと保存が出来るような料理が多いです。

大体作ると冷蔵保存で1週間は保つので、料理の手間も省けます。

少しだけ手間は掛かりますが、トータル的には節約になります。

光熱費を抑える

生活するためには、水や電気は欠かせません。

簡単に出来て光熱費を抑えれる方法は、こちらです。

電気料金を見直す

電気の自由化のおかげで、色々な会社が電気を販売するようになりました。

今までは、電力会社が一択が当たり前だったので気にもしてなかったと思います。

今は色々な会社が電気を販売してます。

例えば

ガス会社、石油会社、スマホ等通信会社等が有名です。

ご自身が利用してるサービスに、電気を売ってるかもしれません。

乗り換えるだけで、料金が下がる事が多いので、今までの負担が減ります。

面倒だとやってないなら、是非比較してみたほうが良いです。

使わない家電のコンセントを抜く

これは簡単に出来る方法ですね。

使ってなくても電化製品をコンセントに刺してる状態の場合は、常に待機電力が発生してます。

微量の電力を使ってる状態です。

なので、常に電気が必要じゃないモノは、コンセントから抜く事をオススメします。

それだけで簡単に節約になります。

スイッチ付きの電源タップを使う

それが面倒って人にはスイッチ付きの電源タップがオススメです。

タップのスイッチをオフにするだけで、待機電力を抑えれます。

節水シャワーヘッドを使う

水を一番多く使うところは、お風呂場です。

その中でもシャワーが一番水を多く使います。

そこを節約すれば水道代を抑える事が出来ます。

節水シャワーヘッドを使うと、それが可能になりますのでオススメします。

実際に使ってますが、シャワーを止めるボタンがありますので流しっぱなしもしないで済むし、節水なので少ない水で勢いがあります。

固定費を下げる

家賃の低いところに引っ越す

一番簡単に固定費を下げるには、家賃を少なくする方法です。

持ち家の方は除外になります。(持ち家の場合は固定資産税が掛かる)

自分の収入に見合わない家賃の場所に住む方は、結構多いです。

それは綺麗、便利等と理由があると思いますが、実際に収入に見合わない住まいに住んでしまうだけで、お金は減っていきます。

もし見合ってないと思ったら

引っ越すべきです。

目安は収入の3分の1の家賃まで!出来れば4分の1までが理想。

これをオーバーしてしまうと、簡単に生活困窮者になります。

贅沢してないのに生活が苦しい人は、これが原因です。

今苦しいと思うんだったら、今より安い場所に引っ越すだけで生活が楽になります。

私はこれで、本当に楽になりましたよ!

格安スマホに乗り換える

スマホは必需品と言っていいですよね。

誰でも持ってるスマホですが、ほんと料金が高いんですよね。

海外に比べると、日本はかなり高い料金を毎月払ってます。

それが当たり前って思ってしませんか?

格安のスマホって今多いですよ。

等あります。

すべて月額の基本料金3000円以内です。

今のスマホに毎月いくら払ってますか?

毎月10,000円だとすると、毎月7,000円節約です。

1年で84,000円節約

こう考えると本当にびっくりしますよね。

最新機種に拘らなければ、格安スマホをオススメします。

最後に

今回は簡単節約術!一人暮らしから家族暮らしでも出来る方法!について書きました。

色々と節約の参考になれれば幸いです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ライフ 雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました