自由にお金は必要!でも日本人はお金持ちが嫌い?それには理由が

雑記

これは以前から思ってた事ですが、お金持ちの経営者、尚且メディアから注目される人ってかなりの割合で、嫌われてますよね。日本人で、お金の話をするのを、タブー、嫌がる、話したがらない、そんな人も多いんじゃないですか。それには、日本人に植え付けられた固定観念が、存在するからです。

お金持ち=悪人になってしまった理由は

「お主も悪よの~」ってシーンは時代劇でよくやってましたよね。

お金持ち=悪人になってるのは、時代劇・ドラマ・アニメ等のメディアが作った作品で、お金持ちが悪役になってる事が多いからです。
それをテレビで見てきた世代は、何十年も無意識の中で植え付けられてしまうのです。

悪いお金持ちの代表例

時代劇の悪代官と悪商人

特に日本ではお金持ちは悪いイメージにされてます。
逆に海外でのお金持ちは、善人やヒーローのイメージです。
あしながおじさん」、「バットマン」、「アイアンマン」等すべてお金持ちです。

文化の違いだと思いますが、一部の日本人には、どうしてもお金持ちが悪」にして置きたい理由があるんでしょう。

お金持ちを嫌うには歴史的にも理由がある

お金持ちを嫌うのには、歴史的な理由があります。

江戸時代までは「士農工商」という身分制度があったのは、学校でも習う事なのでご存知ですね。
この身分制度は、武士が一番偉く、商人は一番低い身分になります。
江戸時代まで 商人がどんなにお金持ちなったとしても、身分が低いわけです。

これには武士と農民が関係してきます。
武士の時代の「」はお金の代わりで、それを作る農民がとても必要だったのです。
それで武士の次に、農民という身分になってるのです。

農民を武士の次の身分にすることで、不満を起こさせないようにしていたわけです。

農民にお米作らないって、放棄されちゃったら困るからです!

商人の身分の低さによって、あえて嫌われるようなネガティブイメージを植え付けられてるわけです。

そして商人を嫌うようにされてしまうのです。

これが日本人には、生まれた時から刷り込まれてます。
そういう事で、今でも金持ちの悪いイメージを感じてしまうようになってます。

お金持ちへの妬みも理由

お金持ちで有名な堀江貴文氏、 ZOZOTOWNの元創設者の前澤友作氏等に、悪い印象をもってる人は、多いのですよね。

ZOZOTOWNの元創設者の前澤友作氏とか典型的に、妬まれますよね。

「大金払って宇宙旅行」とか「○○の絵を高額で落札」とか「芸能人の彼女」とか、自分で稼いだお金なので、誰にも迷惑を掛けてないはずなのに、話題になると批判されますね。

メディアもそれを無責任に煽りたてます!

本来、一代で会社をあれだけ大きくするって、滅多にいないすごい人です。
私達と同じ一般庶民から、あれだけすごいお金持ちになれた人です。
称えるべき人ですが、日本人はどうしても妬む傾向になります。

ある一定数の人は、自分に近かった存在が成功されるのを嫌います。

そして妬みゆえ、非難してお金持ちを悪者に仕立て上げていくわけです。

もし自分が成功した時に、友人から否定されたり、批判されたりした時は、その人は友人じゃなくなってます。
足を引っ張ろうとするので、お付き合いをやめるべきです!

実際にお会いして、話をしたわけじゃないのに、ただお金持ちって事で嫌われます。

自分勝手なイメージだけで、人を判断してしまう事もあります。
自分を正当化するためには、どうしてもお金持ちを悪にしておきたいです。
それは、ただ自己満足したいだけなのです。

そういう妬みが、お金持ちを嫌う原因になります。

まさかのお金持ちは、新しくお金持ちが増えてほしくない。

お金の数って決まってますよね。
それは通貨価値を調整してるからですね。
お金持ちも絶対数を、あまり増えないようにしてますよね。
それはお金持ちばかりだと、労働する人が居なくなるからです。
そのためにメディア等で、お金持ちのイメージを悪くしておくのです。
そして労働者の確保をするんです。

賢いお金持ちは、労働者を使ってお金を稼ぐわけです。
自分の代わりに仕事をさせるんですよ。
そしてマージンを取ればいいだけです。
会社の経営者は、もちろんこれです。
人を雇い給料を払い、仕事をさせてるんですよ。

経営者は、働き手にお金持ちになって辞められてしまうと困りますから、生活出来るぐらいに給料の金額を抑えてます。

お金持ちばかりになると、労働力が減りますよね。
そのために、お金持ちの印象を悪くして、増やさないようにしてます。

まとめ

お金持ちのマイナスイメージは、こういう事で付けられてる事が多いです。お金持ちの方と、お話する機会があれば、その方は本当は素敵な方だったりするかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました