収入アップ!フリーターなど低収入の人ほど投資する事をオススメします。

副業・ビジネス

どーも、フリフリです。

私は投資をしてますが、あなたは投資をしてますか?

低収入で全然お金が貯まらないって人は、投資をするべきです。

投資ってやった事ないから怖いんだけど…

そのお気持ちは分かります。

やっぱり株で財産をすべて無くしたって話も聞いた事あるので、以前の私も投資に関しては「恐怖」と「不安」しかありませんでした。

でも、その恐怖と不安は投資の事を理解してないからです。

ちゃんと投資の仕組みを理解すれば怖い事はないです。

ましては投資をする事は、自由への近道になります。

特にフリーターなど低収入の人は、投資をする事をオススメします。

投資をしたいって思う人も読んでみてください。

投資の基本的考え

投資は

お金を自分のために運用する事

になります。

私は資産運用だけじゃなく、自己投資の考えもそうです。

  • 本・教材を買う事で知識を得る
  • スキルアップのため教室に通う
  • 資格などを試験で取得する

こういう事も投資だと考えてます。

一番身近な事だと「車の運転免許」です。

車を運転するだけじゃなく、遠距離移動が可能になる事で、自分、家族、友人達との生活が広がります。

車の免許は当たり前に取得されてると思いますが、これだけで生活への影響は大きいです。

逆に運転免許が無かったら、移動距離、移動時間も掛かるので、時間を無駄にしてしまってる事になります。

特に地方の人でしたら車は必需品ですので、車の運転免許の大切さは重々承知だと思います。

ほしいモノは価値があるものを選ぶ

人は誰でも好きな事(趣味等)がありますよね。

価値は人それぞれだと思いますが、価値が認められるモノを買いましょう!

私は音楽が好きで楽器を演奏しますので、楽器を買う事があります。

楽器は安価なモノから高価なモノまで様々です。

楽器は普通年数が経つと、売る時は値下がりします。

ただ価値があるモノは年数が経つに連れ値上がりしていきます。

ビンテージと呼ばれる楽器は、希少価値と今では使えない材質などもあり価値がどんどん上がってます。

バイクもそうです。

古いバイクは興味のない人から見れば、価値なんてないですよね。

でも旧車と呼ばれるバイクは、今では100万円以上が殆どで売られてます。

なので、好きなモノでも価値が上がるモノをちゃんと見極めて買う事をするようにする事が自分への投資になります。

これは株式投資も同じ考えで、価値が上がりそうな会社の株を買う事と同じです。

貯金するより投資する

殆どの人が親から「ちゃんと貯金しなさい!」と教えられてます。

もうこのご時世で貯金をしたところで、保管と支払い以外にメリットはありません。

日本でもバブル前までは、貯金が投資になったんです。

年利が最大6%超えてたんですから、銀行に預けておくだけでお金が増えた。

本当に夢みたいな時代だったんですね。

私はバブル後の氷河期出身なので、バブルの恩恵は全く受けてません…

じゃあ今はどうするのか?

もちろん投資してください。

最初は積み立て型の投資をやってみてはどうでしょう。

貯金をする感じで毎月積み立てしていく感じです。

少額投資NISAなどをする事をオススします。

散財を抑える事も出来ますし、少しでも増やす事がメリットです。

DMM株は初心者向け

投資を知識が身につく方法

投資の勉強=実践経験です。

正直な話ですが、実際にやるとやらないとでは全く別物です。

投資をしてない人って経済に疎いんです。

日経平均株価?為替市場?

なんて自分には全く関係ありませんって思ってます。

どんな職業でもこれって影響してきます。

とにかく早く投資を覚えたければ、実践していきましょう。

まずリアルに価格の変動を味わう事!

どうして?なぜ?って思わない限り、調べないですし、教えてもらえません。

ノウハウを教えてくれる人も居ます。
もちろん有料です。

無料で投資の知識などを教える人は居ません。

その方も投資で自分のお金を使って、そこまでの知識やノウハウを身に着けてるわけです。

それをタダで寄越せっていうのは、泥棒と同じですよね?

早く投資のノウハウを身につけるには、自分のお金を使って実践しながら、お金を払って教えてもらう事です。

最後に

投資って分からないだけで不安な人も多いです。

これって投資をしっかり覚える方が、人生得するって事なんですよね。

自由になりたければ、否定せずやってみる事が大切です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
副業・ビジネス 雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました