フリーランスは値下げ交渉を受けてしまうと自由がなくなる。その理由は

雑記

フリーランスで仕事してると、たまにこんな風に頼まれる事がある。

例えば

この仕事をお願い出来ますか?

ご依頼ありがとうございます!

それですと料金は50,000円です。

値段下げてほしいな。

申し訳ございません。

作業的に日数も掛かりますし、この金額でお願いします。

少しぐらい良いでしょ?フリーランスだから融通効くでしょ?

申し訳ございません。

適正価格でこちらもお願い致してますので厳しいです。

金額が合いませんでしたら、別に依頼されてはどうでしょうか。

良いの?せっかく仕事ふってるのに?もう頼まないよ?

もう結構でございます!

ご縁がありましたらまたの機会でお願い致します。

って私はバッサリ断るようにしてます。

いやダメでしょ?って思った人も居るでしょうね。

でもフリーランスをやっていくためには、絶対に値下げ交渉を受けてはダメです。

では値下げ交渉を受けてしまうとどうなってしまうか、書いていきます。

自分を犠牲にしてしまう。

値下げをしてしまった場合、どうなるでしょう?

結果

収入が減る

わけです。

同じ仕事を2つしたのに、片方の仕事が安くなってしまうとどうでしょう。

同じ制作時間、同じ経費が掛かってるのに、片方だけ儲けが少ない分を自分が犠牲になってしまってる。

せっかく仕事をしても自分が犠牲になるのはおかしいです。

自分のクオリティーの適正価格であれば下げる必要な無いです。

あなたはその仕事のために何年勉強しましたか?そして何年経験を積みましたか?

それに対しての対価です。

ある日ピカソがレストランで食事をしていた時のことです。ファンの女性が「お礼はするから、何か簡単に描いてほしい」とレストランのナプキンを差し出しました。ピカソは30秒ほどでさっと絵を描き上げ、その女性に1万(100円換算で100万円)ドルの請求をしました。

女性はそれにびっくりして「あなたの絵は高いのは知っているが描くのに30秒もかかっていないのに!?」と尋ねました。

するとピカソは「いや、30秒ではないよ。40年と30秒かかっているんだ」と。

あなたには今までの経験と知識に価値があります。

自己犠牲のためにフリーランスを選んだわけじゃないはずです。

時間がなくなってしまう。

仕事をしても収入が減るようになったら、どうしますか?

今以上に仕事を増やす

殆どの人がこうしてしまいます。

そうなると必然的に

仕事時間が増える

わけですから、自分の時間が減ってしまう事になる。

せっかくフリーランスになったのに自由な時間がなくなるのは変ですよね。

サラリーマンとして働くのが嫌だったり、自分で事業をしたいと思って独立してフリーランスになってる人が殆どだと思います。

そうなるとフリーランスをしてる意味がないです。

会社のような組織で請け負うのとは違います。

フリーランスは個人事業主又は自営業者になるので、一人で仕事をする事が多いです。

一人でやれる仕事の時間には限界があるので、値下げをされたら止めましょう。

今後値下げが当たり前になってしまう。

一度値下げ交渉を受けてしまうと相手には「当たり前」に置き換えられます。

二度目の依頼で前回よりも値段を下げようとしてきます。

相手も出費は抑えたいわけですから、要求に答えすぎると切りがないです。

きちんと断るか、追加料金、もしくは適正価格に戻すようにしないといけません。

そうなると相手も「」したように感じるので、嫌がるでしょう。

それはあなたの作ったモノのクオリティーを安い価値にしてしまってる。

絶対にそれはフリーランスではやってはいけません。

一回ぐらいは良いかなって思っても、絶対にしないほうが良いです!

クオリティーが下がってしまう。

当然の如く、値段が下がってしまったらやる気もなくなります。

相手には頑張りますと言っても、テンションが下がり制作意欲は激減します。

そうすると

クオリティーが下がってしまう。

そうなると、他の仕事も減る事に繋がっていきます。

値下げ交渉を受けてしまったために、お金も減り、時間も減り、やる気も起きなくなってしまい仕事に支障がきてしまうのです。

そうやってフリーランスを諦め、また雇われる生活に戻っていってします人も居ます。

フリーランスはクオリティーが命です。

この人に頼みたい!

ってファンを増やすには絶対にクオリティーを上げる必要があります。

そのためには時間も必要です。お金も必要です。

フリーランス生命に関わっていくので、値下げ交渉を受ける事がどれだけ危険か分かってほしい。

他の仕事にも影響してしまう。

お金も減り、時間が減り、クオリティーも下がってしまえば仕事が依頼される事も無くなります。

  • お金が減れば=設備投資出来ない
  • 時間が減れば=作業が雑になる
  • クオリティーが下がってしまえば=仕事は減る

完璧に負のスパイラルへ超特急です。

フリーランスになりたての人が仕事欲しさにやりがちな事ですが、競合相手よりも価格を下げる事。

これが自分で自分の首を締める事になります。

そして会社と競合しても意味がないです。

会社は価格を抑えれるように出来るシステムがあります。

フリーランスとは土俵が違いますので、そこを相手しては絶対にダメ。

フリーランスの強みを活かした仕事が出来るので、そこを大切にする事です。

最悪生活が出来なくなる

せっかくフリーランスになったのに、値下げ交渉を受け続けたせいで結局アルバイトをしながら仕事をするはめになった人も居ます。

仕事をして生活が出来ないのは仕事じゃなくなってるからです。

よくあるのが、知り合いや友人に頼まれて良かれと思ってやってしまい、芋づる式にお金にならない仕事をする羽目になったとか。

その人達は、人の時間と能力を使わせておいて安いお金、もしくはタダって事を平気で頼む人です。

そのために自分が生活が出来なくなれば、どうしようもないです。

フリーランスになったのに生活が苦しくなるなら意味がないです。

個人なので全部自己責任になりますので、フリーランスで生活をするのであれば絶対に折れてはいけない部分があります。

断ることも生活するためです。

最後に

今回はフリーランスが値下げ交渉を受けてしまうとどうなるかを書きました。

自由になりたいからフリーランス、好きな仕事でフリーランスなら考えてください。

本気でフリーランスになりたい人や、今フリーランスであまり収入が増えない人の参考になればと書いてみました。

一番大切なのは「あなたに仕事をお願いしたい」ってクオリティーを出す事です。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました