モテる清潔感に大切な髭剃り!カミソリ負けしないオススメな方法

便利
スポンサーリンク

男性にとってヒゲってやっかいですよね(汗)

個人差はありますが、ある程度の年齢になれば男性ホルモンのために、ヒゲが固くなり早く伸びますよね。

私も放置してしまうと、モミアゲとヒゲが繋がってしまいます。

ワイルドだろ~って自分ではカッコいいって思ったら大間違い。

なんと!

約85%の女性がヒゲが無いほうがいいみたいです。

理由は色々ですが、一番多いのは不潔にみえるって事です。

やっぱりそうか~

って思った人も居るんじゃないですか?

男性と女性とでは、ヒゲへの考えって違うんです。

モテたいのであれば、ヒゲは毎日剃る事をオススメします!

でも毎日カミソリを使う事で、肌の弱い人じゃなくてもカミソリ負けってなります。

そんなカミソリ負けをしないオススメの方法を説明します。

ヒゲにはたっぷり水分を含ませる

一般的に起きてから、ヒゲを剃る事が多いですよね。

そんな時はぬるま湯で洗顔をしてから、ヒゲを剃るようにしましょう!

シェイビング時に充分な水分が、ヒゲに行き渡ってないとカミソリ負けの原因になりますので、時間に余裕を持つ事。

私は2~3分ぐらい水分を行き渡らせるようにしてます。

蒸しタオルでヒゲを柔らかくする

ただ硬いヒゲの方だと、これではカミソリ負けをする場合もあります。

そんな場合は、理髪店等のように蒸しタオルで、ヒゲを柔らかくする事をオススメします。

蒸しタオルの作り方は簡単!

濡らしたタオルを搾り、ジップロックに入れて電子レンジで1分半ほど温めれば完成です。

簡単ですよね?

火傷しない程度に手で叩き、温度を冷ましてください。

それを顔に当てて、3分ほど待つ。

それからシェービングジェル・シェービングクリームを塗ってシェービングすれば大丈夫です。

ヒゲの生えてる方向に沿って剃る

ヒゲの抵抗が少ない、生えてる方向に沿って剃るようにしてください。

まずは肌を傷めないためにも、この方向を守って剃る事です。

逆に剃りたい気持ちは分かりますが、いきなりは止めたほうが良いです。

どうしても剃り残しになってしまう場所だけを、再度シェービングジェル等をつけて剃るようにしましょう。

同じところを何度も剃るような行為は、なるべく避けてください。

しっかりとすすぎ洗いする

シェービングジェル・シェービングクリームが残ってますので、ぬるま湯で優しく洗顔をしてください。

注意して頂きたいのは、ゴシゴシとしない事です。

せっかく優しく剃ったのに、洗顔でゴシゴシしてしまったら肌の状態は悪くなります。

優しく洗って頂き、シェービングジェル・シェービングクリームがすべて洗い流されたのを確認出来ましたら、タオルを当てる程度で水分を取っていきます。

化粧水・ローション等で肌のアフターケア

最後は化粧水やローション等で肌のアフターケアをしましょう。

この時も優しくなじませるように、心がけてください。

あくまで優しくする事が大切です。

カミソリの刃は定期的に交換

これを忘れがちな人も多いんじゃないですか?

それかまだ剃れるってそのまま使い続けたりしてませんか?

剃れなくなったカミソリで剃るって事は、肌を傷つける行為です。

例えば、切れない包丁で大根を切ると断面がギザギザになったりしますよね。

それを自分の肌にしてるのと変わらない行為です(汗)

本当にこれは止めたほうが良いです。

カミソリの刃も安いわけないので、節約したいって気持ちも分かります。

それだったらオススメなサービスがあります。

ガレイド・シェービング・メンバー(カミソリ定期便)

  • カミソリの刃の買い忘れをしなくてすむ
  • 定期的にカミソリの替刃が届く
  • 定額なので市販品より安くなる

等があります。

まとめ

今回はカミソリ負けをしないオススメの方法をしました。

是非参考にしてもらえると嬉しいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
便利 雑記
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
スポンサーリンク
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました