【2020年】時間を有効利用してスマホ・パソコンでお金を稼ぐ方法!

Business
スポンサーリンク

令和2年になって少しでも収入を上げたいなって思ってる人も多いんじゃないですか?

今年は、昨年の倍はほしいと思ってる。

でも思ってるだけでお金は増える事は無い。

何か行動を起こさないと絶対に収入を増やす事は出来ないです。

それで2020年始まったばかりなので、時間を有効活用して収入にする方法を書きます。

少しでも収入を上げていきたいと思う人は是非読んでください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログ

ブログは始めやすいですね。

PCとネット環境があれば大丈夫。

文字を書くのが苦手でも大丈夫!書くことでそれは身についてきます。

趣味を書いたブログで毎月10万の収入を得る人が居る。

ブログのファンが増えればお金は稼げるようになります。

ブログが向いている人は、何でも継続出来る人。

飽き性な人には難しいかもしれません。

継続できる人でしたら確実に稼げます。

私もこのブログで少額ながら稼いでます!

グーグルアドセンス広告で稼いでます。

他にはアフェリエイトブログもあります。

ただアフェリエイトブログのほうは、とても技術が必要になります。

ちなみにブログを始めたいならオススメの無料ブログサービスは

はてなブロブ

グーグルアドセンスも審査が通れば出来ます。

基本的には

WordPress

をレンタルサーバーにインストールして独自ドメインを使ったほうが良いです。
そのほうがアドセンス、アフェリエイトもしやすいです。

メリット
  • 少額で始められる
  • 在庫等必要なし
デメリット
  • 継続しないと稼げない
  • ブログネタに困る事がある

You Tube

以前よりも広告料が減ったのは確かですが、稼ぐ事は出来る。

自分を売り出して動画を作成する人も居れば、趣味や得意分野の動画をアップしてる人も居ます。

稼ぐには見てる人のためになる動画が良いです。

料理、音楽、バイク、車、キャンプ、パソコン知識等ジャンルは自分の得意分野で作るほうが良いです。

例えば音楽が趣味な人は、音楽の知識の動画をアップする。

それが見てる人の有益な情報ならば再生数も増えますし、登録も増えます。

You Tubeもチャンネルのファンを増やす事が大切です。

そうすれば誰にでもチャンスがあります。

メリット
  • 地方でも人気になる
  • 趣味や好きな事が出来る
デメリット
  • 編集スキルが必要
  • 実質労働

クラウドソージング

これは副業になります。

自分の持ってるスキルを活かして、空いた時間で副業をする事でお金が稼げます。

文字を書くことが好きならばライティングという仕事があります。

動画編集の技術があれば結婚ムービーやYou Tubeの動画編集の依頼等もあります。

その他ナレーション、デザイン等色々とあります。

まずやってみたい人には

ココナラ

がオススメです。

初心者でもクラウドソージングを利用しやすいサービスです。

私もココナラをしてますが、ある程度実績が付くと色々な人から依頼、相談が入ってきます。

プロ認定もあるので、プロの実力があるなら審査してもらえば認定されるかもしれません。

いきなり高額案件は出来ないですが、信頼と実績積むことで安定して仕事の依頼が来るようになります。

メリット
  • スキルを活かせる
  • スキルアップにもなる
デメリット
  • 最初からは依頼がない
  • 実績を増やさないとダメ

Polca

これはフレンドファンディングアプリです。

お金を稼ぐというよりは、自分が必要としてるお金の理由を皆に公開してお金で応援してもらうモノです。

例えば、ブログをやりたいので新しいノートパソコン買いたいので足りない分を強力してもらうよな事が出来ます。

夢や、病気でどうしても足りないお金を皆に応援してもらうことができます。

あまり共感出来ない事だと誰からも応援してもらえないので、ちゃんと目的などをしっかり伝えないと厳しいですね。

メリット
  • 誰からでも援助してもらえる
デメリット
  • 共感がないと援助されない

まとめ

時間を有効活用してお金を稼ぐ方法を書いてみました。

早めに時間を有効活用しておけば、後からはゆっくり生活出来るようになりますよ。

頑張るならこの1月からスタートしてみると良いと思います。

是非何かヒントになれば幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BusinessTopics
スポンサーリンク
フリフリをフォローする
FREEDOM FREEDOM

コメント

タイトルとURLをコピーしました